さあ、乗り換えましょう!

月3,000円以下でスマホを持てる時代に

格安スマホのメリット・デメリット

メリット

  • 月額料金が安い!
  • 料金体系がわかりやすい!
  • (ほとんどの格安スマホなら)今までの電話番号を引き継げる!

デメリット

  • インターネット通信で使えるデータ容量が少なめ! 速度もやや遅め!
  • 本体の性能が(ちょっとだけ)低め!
  • メールアドレスがない!
  • 電話の使い勝手が今までと違う(ものがある)!

なんと言っても安さが魅力!

自分がスマホを使っているのは、周りのみんなが携帯電話からスマホに変えたから…という方も多いと思います。

スマホは月々の料金が携帯電話より高いので、負担が大きく「普段あまり通話をしないのに…」と悩んでいる方も多いでしょう。

そういう方は、大手携帯電話会社の高いスマホから、ではなくて、格安スマホに乗り換えちゃいましょう。

そうすれば、毎月2,000円~3,000円くらいの料金で、スマホを利用することができます。

これまでは毎月6,000円〜7,000円くらいかかっていたことを考えると、大幅に安くなったことがわかりますね。

とってもシンプルな料金体系!

これまで利用していた大手携帯電話会社の複雑な料金プラン、きちんと全部理解している方はどれだけいるのでしょうか? おそらく、ほとんどいないのではないかと思います。「○○○割」と名前が付いた割引制度がいくつもあって、ワケがわかりません。私でさえ正直なところよく分かっていない部分がありそうです。

それに対して、格安スマホの料金プランは非常にシンプルです

使えるデータ容量や、音声通話の有無、セットになるスマートフォン端末などによってプランが分かれていて、「このプランなら月額○○○円」とハッキリ決まります

用意されているプランはきちんと整理されてわかりやすくなっています。

ややこしい割引制度もほとんどの格安スマホにはありません。料金のシミュレーションなど必要なく、自分に合った「これだ!」というプランを選ぶだけです。

明朗会計であることは、とても安心できるポイントだと思います。

インターネットで使えるデータ容量が少なく、速度も遅い

大手携帯電話会社では(プランにもよりますが)1ヶ月に7GB(ギガバイト)前後の方が多かったのではないかと思います。

一方、格安スマホでは1ヶ月に3GB程度が現在の主流です。半分よりちょっと少ないくらいですね。

ただ、格安スマホ事業者はたくさんあり、それぞれ多彩なプランが用意されています。少ないものでは1ヶ月に1GB以下というところもありますし、多いものでは1ヶ月に10GB、あるいは「無制限」なんてものもあります。他にも、1が月単位ではなく1日単位で容量が決まっているところもあったりします。

そして通信速度も、事業者側で絞られているためにやや遅くなります

格安スマホでの通信では、限られた電波帯域の中にたくさんのユーザーが詰め込まれているため、どうしても一人あたりのデータ容量が少なく、通信速度も遅くなってしまうのです。

早朝や夜中など、空いている時間帯であれば割とマシですが、昼間や夕方など混み合う時間帯ではつながりにくくなることもあります。そのため、外出先では快適にネットできない可能性があることは覚えておく必要があります。

外ではあまり通信を使わず、自宅や職場などでWi-Fi(無線LAN)による通信がメインだという方なら、あまり気にならないでしょう。

090/080の携帯電話番号は引き継げる!

ほとんどの格安スマホは、090/080から始まる携帯電話番号で通話が可能になっています

そして、今までの電話番号を引き継ぐための仕組みであるMNP(モバイルナンバーポータビリティ)に対応しているので、これまでの電話番号から変わることなく、そのまま移行が可能です。

インターネットで電話をつなぐ「IP電話」が使われているものがある

ただし一部の格安スマホには、090/080の電話番号による通話ではなく、かわりに「IP電話」という、インターネット回線を利用した通話を採用しているものがあります。この場合、電話番号は050から始まるものになります。

こちらの方が料金がひとまわり安いのはメリットですが、音質が少し悪かったり、110番や119番といった緊急電話がかけられないデメリットもあります。またMNPによる電話番号の引き継ぎもできません。

でもあまり普段から通話しない方にとっては、それでも十分なケースが多いでしょう。なので、どちらが良いか検討してみることをおすすめします。

スマートフォン本体は、ミドルレンジ以下が中心

ドコモやソフトバンク、auといった大手携帯電話会社で買うことができるスマートフォン端末はどれも素晴らしいものばかり。性能がとても高い「ハイエンドモデル」が中心で、スマートフォンを頻繁に利用するヘビーユーザーの方でも満足できるものでした。

格安スマホで選べるスマートフォン端末は、性能が中程度の「ミドルレンジモデル」が中心です。また、より性能を押さえた「ローエンドモデル」も多いです。もちろん「ハイエンドモデル」もあるにはありますが数機種程度です。

もっとも、性能に比例するように値段も変わるので、「安くてほどほどのスマホで十分」という方にはミドルレンジモデルやローエンドモデルで良いでしょう。そういった意味ではこれはデメリットではなくメリットになるかも知れません。

メールアドレスがもらえない

格安スマホでは、携帯電話特有のメールアドレスの利用ができないものが多いです。

これまでの大手携帯電話会社のスマホなら、ドコモなら「docomo.ne.jp」、ソフトバンクなら「softbank.ne.jp」、auなら「ezweb.ne.jp」のメールアドレスを使うことができましたが、これを利用することができなくなります。

しかし、Gmailなどの無料メールサービスがありますので、こういったスマホで使えるメールサービスを代わりに使えば、さほど問題はありません。

このページを見た方におすすめの格安スマホ

楽天モバイル
超激安なプラン、高品質なスマホ。楽天ポイントも貯まる!
DMMモバイル
業界最多プラン数、全プラン業界最安値に挑戦!
BIGLOBEスマホ
総合力が高くて安心して使える、おすすめの格安スマホ!

↑ページの先頭へ

ホームに戻る