さあ、乗り換えましょう!

月3,000円以下でスマホを持てる時代に

NTTレゾナント goo SimSellerの格安スマホ

NTTコムストア by goo SimSellerのスクリーンショット

コストパフォーマンスに優れた本体端末を採用。手軽さが魅力!

ポータルサイト「goo」の運営でも知られている「NTTレゾナント」が提供する格安スマホ。

光るのは、スマートフォン本体「ZTE Blade Vec 4G」の安さ!

18,334円(税込19,800円)という低価格が魅力。その圧倒的なコストパフォーマンスで、登場したときから注目を集めました。

性能的にも悪くなく、高速通信にもきちんと対応。

通信サービスなどは「NTTコムの格安スマホ」と同じく「OCN モバイル ONE」が採用されているほか、IP電話の「050 plus」もセットになっています。

月額料金1,550円~
回線docomo
音声通話プランあり(IP電話)

goo SimSellerの格安スマホのプラン

  • 50MB/日コース
    月額料金
    1,550円
    高速通信容量
    50MB/日
  • 80MB/日コース
    月額料金
    2,030円
    高速通信容量
    80MB/日
  • 1GB/月コース
    月額料金
    1,750円
    高速通信容量
    1GB/月
  • 2GB/月コース
    月額料金
    2,100円
    高速通信容量
    2GB/月
  • 500kbpsコース
    月額料金
    2,450円
    高速通信容量
    7GB/月

goo SimSellerの格安スマホのおすすめポイント、他社との比較

本体は安いだけでなく、十分な性能がある!

「ZTE Blade Vec 4G」は中国のZTEという会社が開発したスマートフォンです。

18,334円(税込19,800円)という価格は素晴らしいですね。他社の格安スマホのものだと30,000円前後はしますから、どれだけお値打ちなのがお分かりいただけるかと思います。

では性能が低いのかというとそんなことはありません。CPUはクアッドコア1.2GHzを搭載し、メモリ(RAM)も1GBあり、ミドルレンジ(中位)の製品と言えます。

もちろんLTEに対応。カメラやGPSなどの機能も一通り揃っています。

性能はミドルレンジ(中位)なのに、ローエンド(下位)並みの価格。そう考えればイメージしやすいでしょう。

また、スマートフォンとしては比較的大きめの5インチのディスプレイは情報が見やすくて、操作もしやすく快適です。

本体代金は一括払い!

本体端末の代金は一括払いとなっています。

他の格安スマホだと、例えば24ヶ月の分割で月額利用料金に上乗せして支払う、といったところが多いですが、goo SimSellerの格安スマホは本体代金を最初に一括で支払います。

だから月額料金には端末代は含まれることは無く、そのために低く抑えられています。

月額料金の内訳としては、ネット通信の「OCN モバイル ONE」(月額料金900円~)と、IP電話の「050 plus」(月額150円)、それにパーソナルクラウドサービスやサポートサービスが利用できる「マイポケット プラス」(月額500円)の3点セットです。このあたりは「NTTコムの格安スマホ」と似ていますね。

契約期間の縛りなし!

大手携帯電話会社だと、いわゆる「2年縛り」などがあって、契約更新月以外に解約すると解約金を取られたりしましたが、goo SimSellerの格安スマホにはそのような縛りが一切ありません

将来的には、これよりも優れたスマートフォンがきっと登場するでしょう。欲しいものが見つかったときに、契約期間が終わるのを待つことなく、すぐに乗り換えられるのが利点です。

goo SimSellerの格安スマホの評判・評価

ポイントはやはり本体端末。

ネットで利用者の声を見てみると、デザインについては「細かいところがちょっと安っぽい」という声もありましたが、「画面がきれい」「薄くて軽い」「性能的にも満足している」というプラス評価が多い模様でした

通信サービスも有名プロバイダのOCNということで信頼感もあります。値段の割には良い格安スマホのようですね。

おすすめ度:★★★★

スポンサードリンク

↑ページの先頭へ

ホームに戻る